TinyTrak4 設定

[注意]下記はFirmware Version 4.05のものです。2008.3下旬に 4.06 に最新ファームウェアが提供され、下記の一部の不具合は解消されています。

設定画面

TT4の設定画面は下の通りです。TT3と主な相違点は、

  • Timing にあった Calibration が無くなった。
  • Waypoint Output (新設)
  • Telemetry (新設)
  • Skip Start Packet (新設)
  • 9600Baud GPS (新設)
  • TX Level, RX Level, TX Twist (新設)

です。

TinyTrak4の設定画面

TinyTrak3の設定画面

設定

既にTT3やTM-D710を使っているので、TT3と同じ箇所の設定項目やwaypoint outputはすんなりOK。

ここで失敗したのが Telemetry !!!。初期値として Rate: が0が設定されています。 そんなに頻繁に出力する必要もないので、10回に1回の割合で出力しようと思い、10 を設定。 Send Voltage, Send Temp にもチェックを入れました。

その結果がこれ.....やらかしてしまいました...

 2008-03-23 23:46:13 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:>TinyTrak4 v4.05
 2008-03-23 23:46:14 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:>TinyTrak4
 2008-03-23 23:46:14 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#000,123,152,256,179,136,00000000
 2008-03-23 23:46:24 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#001,121,152,256,179,136,00000000
 2008-03-23 23:46:34 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#002,121,152,256,179,135,00000000
 2008-03-23 23:46:36 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:!3347.94N/13034.85E>267/000/A=000075
 2008-03-23 23:46:37 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#003,122,152,256,196,150,00000000
 2008-03-23 23:46:56 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#005,122,152,256,178,135,00000000
 2008-03-23 23:47:06 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#006,121,152,256,179,135,00000000
 2008-03-23 23:47:16 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#007,123,152,256,178,135,00000000
 2008-03-23 23:47:26 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#008,122,152,256,178,135,00000000
 2008-03-23 23:47:35 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#009,121,152,256,178,135,00000000
 2008-03-23 23:47:45 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#010,123,152,256,178,134,00000000
 2008-03-23 23:47:55 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#011,123,152,256,178,134,00000000
 2008-03-23 23:48:05 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#012,122,152,256,178,134,00000000
 2008-03-23 23:48:14 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#013,123,152,256,178,134,00000000
 2008-03-23 23:48:24 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#014,122,152,256,178,134,00000000
 2008-03-23 23:48:34 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#015,122,152,256,178,134,00000000
 2008-03-23 23:48:44 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#016,123,152,256,178,134,00000000
 2008-03-23 23:48:54 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#017,121,152,256,178,134,00000000
 2008-03-23 23:49:03 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#018,122,152,256,178,134,00000000
 2008-03-23 23:49:13 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#019,122,152,256,178,134,00000000
 2008-03-23 23:49:33 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#021,122,152,256,178,134,00000000
 2008-03-23 23:49:43 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#022,123,152,256,177,134,00000000
 2008-03-23 23:49:52 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#023,122,152,256,178,134,00000000
 2008-03-23 23:50:22 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#026,123,152,256,177,133,00000000
 2008-03-23 23:50:32 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#027,122,152,256,177,134,00000000
 2008-03-23 23:50:41 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#028,122,152,256,177,134,00000000
 2008-03-23 23:50:51 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#029,122,152,256,177,133,00000000
 2008-03-23 23:51:01 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#030,122,152,256,178,134,00000000
 2008-03-23 23:51:11 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#031,122,152,256,177,133,00000000
 2008-03-23 23:51:21 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#032,121,152,256,177,133,00000000
 2008-03-23 23:51:27 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:!3347.93N/13034.85E>243/006/A=000144
 2008-03-23 23:51:28 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#033,122,152,256,178,134,00000000
 2008-03-23 23:51:37 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#034,122,152,256,178,133,00000000
 2008-03-23 23:51:46 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#035,122,152,256,177,133,00000000
 2008-03-23 23:51:51 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#036,119,152,256,183,137,00000000
 2008-03-23 23:52:01 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#037,122,152,256,178,133,00000000
 2008-03-23 23:52:08 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:!3347.95N/13034.76E>330/009/A=000160
 2008-03-23 23:52:08 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#038,120,152,256,178,134,00000000
 2008-03-23 23:52:18 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#039,122,152,256,177,133,00000000
 2008-03-23 23:52:23 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:!3348.00N/13034.74E>263/007/A=000157/TinyTrak4
 2008-03-23 23:52:23 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#040,122,152,256,181,135,00000000
 2008-03-23 23:52:33 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#041,120,152,256,177,133,00000000
 2008-03-23 23:52:43 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#042,123,152,256,177,133,00000000
 2008-03-23 23:52:51 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:!3347.97N/13034.61E>313/016/A=000147
 2008-03-23 23:53:01 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#044,120,152,256,177,133,00000000
 2008-03-23 23:53:11 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#045,123,152,256,177,133,00000000
 2008-03-23 23:53:17 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:!3348.07N/13034.55E>015/010/A=000098
 2008-03-23 23:53:18 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#046,120,152,256,179,134,00000000
 2008-03-23 23:53:37 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#048,122,152,256,177,133,00000000
 2008-03-23 23:53:39 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:!3348.16N/13034.58E>289/008/A=000088/TinyTrak4
 2008-03-23 23:53:40 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#049,122,152,256,191,145,00000000
 2008-03-23 23:53:50 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#050,121,152,256,178,133,00000000
 2008-03-23 23:53:59 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#051,122,152,256,177,133,00000000
 2008-03-23 23:54:09 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#052,123,152,256,177,133,00000000
 2008-03-23 23:54:29 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#054,122,152,256,177,133,00000000
 2008-03-23 23:54:39 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#055,121,152,256,177,133,00000000
 2008-03-23 23:54:48 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#056,120,152,256,177,133,00000000
 2008-03-23 23:54:58 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#057,122,152,256,177,133,00000000
 2008-03-23 23:55:08 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#058,119,152,256,177,133,00000000
 2008-03-23 23:55:28 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:!3348.28N/13034.09E>207/008/A=000085
 2008-03-23 23:55:28 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#060,122,152,256,176,133,00000000
 2008-03-23 23:55:38 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#061,121,152,256,177,132,00000000
 2008-03-23 23:55:48 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#062,121,152,256,177,133,00000000
 2008-03-23 23:55:58 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:!3348.16N/13034.01E>251/018/A=000144
 2008-03-23 23:55:58 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#063,118,152,256,176,132,00000000
 2008-03-23 23:56:08 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#064,120,152,256,177,133,00000000
 2008-03-23 23:56:15 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:!3348.16N/13033.97E>317/006/A=000219/TinyTrak4
 2008-03-23 23:56:16 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#065,119,152,256,177,133,00000000
 2008-03-23 23:56:25 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#066,122,152,256,176,132,00000000
 2008-03-23 23:56:35 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#067,119,152,256,176,132,00000000
 2008-03-23 23:56:55 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#069,121,152,256,177,132,00000000
 2008-03-23 23:57:05 UTC: JF6LZE-9>APT405,qAo,JG6YCL-3:T#070,119,152,256,177,132,00000000

10秒置きにTelemetryを送信。さらに位置情報の直後にもTelemetryを送信。ということで、無駄なパケットの嵐!!!!

以上の失敗からわかったこと...

  • Rate: Telemetryの送信間隔秒数
  • Send After Position: 位置情報送出に続いて別パケットでTelemetryを送出する

という理解が正解のようです。(追記:最新のファームでは分かりやすいように設定プログラム画面が変更されています後述参照 2008.04.19)

私の場合、TelemetryのRateは、Statusの Send Every と同じ意味であると思っていのが間違いのもとでした。さらに Send After Position は OpenTracker+の挙動の様に、位置情報パケットに付随するTextの部分に電圧や温度情報が加えられる(例えば、3338.06N/13040.93E>171/007/A=000078 07.1V 15C P2)と思っていたのが、設定失敗の原因。

最終的に、右のような設定にして、初日の稼働テスト終了。

Telemetry Format

温度や電圧の情報を出力できるTT4ですが、TT4を実際に使うまでは、それらの情報はOpenTracker+風に位置情報のテキストとして同時に送出されるものを思い込んでいましたが、上記の出力例からわかるように、これは由緒正しき APRSのTelemetry Report Format です。

肝心のTelemetryの中身は T#070,119,152,256,177,132,00000000 ですが、最初の T#070 は APRSのマニュアルにもあるとおりシーケンス番号であることは明らか。 問題はそれ以降の5つの数字。んーーー意味不明。 (追記:最新ファームウェアのマニュアルには、ある程度の情報が記載されています 2008.04.19 )

由緒正しきと思ったものの、256という数値はありえないはず。本来であれば、出力される値は000から255のはず。(追記:256問題も最新ファームウェアでは修正されたようです 2008.04.19)

供給電圧はプロセッサーの PA1、温度センサーは PA2 に接続されていることは回路図からわかるものの、その先が不明。

Primary/Secondary 設定の切替え

TT3ではRadio側(J1)シリアルの4番ピンにかける電圧あるい基板上のリードの半田の有無で Primary/ Secondary を切替えているのですが、TT4ではどうするの??と、思っていたところ、TT3と同様にRadio側の4番ピンでの切替えが可能でした。(ただし、JP1はオープン) TT4では、このピンは他の用途に使うのでは? ハードウェアマニュアルにこの4番ピンの説明として Optional J1 interface to the JP1 line. Can be an analog or digital input, or output, depending on firmware. とあります。

ということは、現在提供されているTrackerのファームウェアでは、4番ピンをつかったTelemetryは不可能ということ?

この他のPrimary/Secondary 設定の切替え方法は不明

Implemented and Planned Functionality

Smart Digipeater の機能もあるよー と Byonics のWebページには記載されていますが、その方法はまったくの不明。同様に Remote Control, Full TNCも不明。

Webページ上の Implemented and Planned Functionality の部分にこれらが記載されていますのが、後者なのでしょうね。後日ファームウェアが提供されて、これらの機能が実現ということなのかなぁ??? よく見るとにByonicsのWebには、it still does not contain all planned functionality や New code will be written and posted to this site, and that code can always be downloaded for free from this site to upgrade existing TinyTrak4s in the field. と書いてありました。 注文時には完璧に見落としていました。 Web上にImplemented and Planned Functionality として、 実装済と計画を一緒に区別無く並べて記載するのってどうなんでしょう?

不明な点は後日...

まだまだ不思議な点がたくさんのTT4ですが、判明次第書き加えていきます。(2008.03)

V4.06

2008.03下旬にファームウェアがVer4.06 に更新されました。設定プログラムも更新され分かりやすくなりました。

設定プログラム

設定プログラムで大きく変わった点は次の通り。

  • 設定値の単位が表示されています。これにより telemetry rateを私のように間違えることがなくなりました。
  • CD (Carrer Detect)の設定が大幅に変更。従来はチェックのみでしたが、CDの設定項目として独立し Audio Tones (Software CD), Audio Level, J1 Pin2, J1 Pin2 Inverted の4つになりました。データ端子のない古いRIGのMic端子とSP端子を使う運用ではAudio Levelが増えたのは結構FBかも...

Telemetry

最新ファームウェア(v4.06)のマニュアルにはTelemetryに関する記載も加わりました。 電圧 * 255 * 0.18 / 5 の値(整数に丸め)が出力される模様。 詳細は後日実際のデータを収集してから...