TinyTrak4 KISSMODE

TinyTrak4 に KISSmode TNC のファームウェアをいれ、UI-View32との組合せで IGate を構築してみました。

KISSファームウェアの書き込み

ファームウェアの書き込みは通常通りです。 他のファームウェアの書き込み手順となんら代わりません。

KISSモード

TNC-22など他のTNCになれている方は、電源投入後KISSモードに移行するコマンドを実行しますが、今回はKISS専用のファームウェアなので、電源をいれるだけでそのままKISSモードになります。 RS232Cはデファルトで 19200bps です。

ただし起動直後にESCを3回入力するとメニューモードになります。 このメニューモードは 19200bpsに固定されているので注意が必要です。

付属のマニュアルには、If 3 ESC not received in 3 seconds, KISS TNC begins.と書いてあります。 私の場合、この文章の not を見落としてしまい、ESCを3回送らないとKISSモードにならないんだぁと逆に理解してしまいました。

メニューではいくつかの設定項目がありますが、私の場合は既定値のままで問題なく運用できました。

運用結果

TNC-22などと何ら変わらぬ働きをしてくれます。IGateを構築するにはTNC-2xxシリーズを探さなくても、これで十分です。

現在(2013.04), TinyTrak4はkissmodeで JG6YCL-4 (431.04MHz, 1200bps IGate) として稼働中です。