Aprx install memo

$Date: 2018/11/23 10:20:43 $

aprxはUNIX上で稼働するiGateソフトウェアです。JG6YCL-* は FreeBSDとaprxで稼働しています。

Resource

Download , Compile and Install

Aprx 2.9 on FreeBSD 9.3

FreeBSD 10.3上でのコンパイル履歴です。

  1. mkdir -p /usr/local/src
  2. cd /usr/local/src
  3. wget http://thelifeofkenneth.com/aprx/release/aprx-2.9.0.tar.gz
  4. tar zxvf aprx-2.9.0.tar.gz
  5. cd aprx-2.9.0
  6. ./configure
  7. gmake && gmake install
  8. mkdir -p /var/log/aprx

Aprx 2.08 on FreeBSD 9.1 Old

FreeBSD 9.1上でのコンパイル履歴です。

  1. mkdir -p /usr/local/src
  2. cd /usr/local/src
  3. wget http://ham.zmailer.org/oh2mqk/aprx/aprx-2.08.svn587.tar.gz
  4. tar zxvf aprx-2.08.svn587.tar.gz
  5. cd aprx-2.08.svn587
  6. ./configure
  7. gmake && gmake install
  8. mkdir -p /var/log/aprx

注意点

  1. gmake が必要。make は利用不可
  2. 標準では、 /sbin/ にインストールされてしまいます
  3. ログが /var/log/aprx/ 配下に作成されるため、このディレクトリーを事前に掘ってあげる必要あり。

Configuration

設定ファイルは標準で /etc/aprx.conf。 よってroot権限が必要。 これ以外にする場合は、起動時に aprx -f config_fle で個別に指定する必要あり。

  • emacs /etc/aprx.conf

message for local

この辺の設定方法がよくわかりません。

2017.03追記 aprxの配布サイトが変更になっており、いつも利用しているところには古いものしかありませんでしたが、最新のaprx2.9に入れ替えました。さらに、コンピュータのTimezoneをUTCにしたところ、思い通りの動作をするようになった気配です。

古いバージョンにバクがあったのか、Timezoneの設定の違いが原因だったのかよくわからないまま運用していますが、とりあえず送信できるようになったので、このまま様子をみています。

TM-D710 kiss mode

TM-D710の内蔵TNCをkissモードで利用す時には interfaceinitstringで内蔵TNCをkissモードに変更する設定が必要。

  <interface>
  initstring "TC 1\x0dHBAUD 9600\x0dKISS ON\x0dRESTART\x0d"
  serial-device /dev/cuaU0 9600 8n1 KISS
  tx-ok true
  callsign JG6YCL-2
  </interface>

これでもうまくいかない場合はあるのでここにあるコードをコンパイルしてaprxの実行前にTM-D710の設定を行うとうまく動く

最終的にJG6YCL-2の起動スクリプトは次のとおり

  /usr/local/bin/tmd710_tncsetup -S /dv/cuaU0 -b 9600 -B 1
  sleep 3
  /sbin/aprx &

※FreeBSDにUSBシリアル変換ケーブル経由(/dev/cuaU0)でTM-D710に接続。B Bandを内蔵TNCで利用。

TinyTrak4

TT4にはkissモードファームウエアを入れているので初期化コマンドは不要で利用可能。

起動

  • /sbin/aprx &

挙動不明な点

ログファイル

標準で /var/log/aprx/aprx-rf.log に記録されるログは RF-received packets are logged と記載されているが、実際にはAPRS-IS 側からの受信データも記録されている模様。

参考資料

loading...